VOVOLAとは、簡単な機材のみで3DバーチャルYouTuber(VTuber)になることができるアプリケーションです。

901_wix.png
 

アプリの特徴

  • 従来はほぼ必須であったVRヘッドマウントディスプレイ(VR-HMD)を必要とせず、ウェブカメラのみで頭(顔)の動作が可能となります。

  • 追加で Leap Motion デバイスを使用することにより、腕と指にも連動するようになります。

  • アバターに独自の3Dモデル(vgo, vrm)を読み込むことができます。

  • ステージに独自の3Dモデル(vgo, glb)を読み込むことができます。

  • 背景を指定色や画像に変更することができ、クロマキー合成などを行うことができます。

  • カメラがマウスやキーボードで操作可能で、対象を映すための位置や角度、距離の調整を行うことができます。

  • 動作がリアルタイムに反映されるので、ストリーミング配信も適しています。

  • マルチプレイでは、他のプレイヤーと指定したルームに集まり通話をすることができます。

  • 8,000pxを超えるサイズのスクリーンショットを撮影することができます。(透過処理対応)

 

最新情報

【2019年08月05日】VRoid Hub との連携を開始しました。
【2019年10月04日】VRoid Hub 公認アプリとなりました。
【2019年11月26日】Googleドライブとの連携を開始しました。
【2020年01月01日】VGOフォーマットの読み込みに対応しました。
【2021年02月03日】v2.8.3をリリースしました。(VGO 2.2に対応しました)
【2021年04月18日】v2.9.0をリリースしました。(UniVGO 2.3, UniVRM 0.66に対応しました)
【2021年06月05日】v2.10.0をリリースしました。(UniVGO 2.4に対応しました)

 

VRoid Hub対応

VOVOLAは VRoid Hub 公認アプリとなっています。
VRoid Hub に連携していますので、VRoid Hub に登録されているキャラクターを使用することが可能です。

png_vroid_hub_logo.png
 

VGO対応

アバター及びルームに3Dデータの新規格『VGO』をロードすることができるようになっています。
コライダー、光源、パーティクル、アニメーション、クロース等に対応しています。
VGOファイルの作成にはUniVGO2(無償ライブラリー)が必要です。

VGO Room
 

機能

901_single_play_wix.png
902_multiple_play_wix.png

シングルプレイ

一人用のモード

独自の3Dモデル(VGO, VRM)、ステージ(VGO, GLB)を読み込んで動かすことができます。

マルチプレイ

複数人が同時接続するモード

インターネットに接続したプレイヤーが指定した部屋に集合し、会話をすることができます。VRoid Hub連携が便利です。
(機能としては試作機能です。接続に費用はかかりません。)

参考画像・映像にはアリシア・ソリッドちゃんが登場していますが、アプリ内には3Dモデルデータは含まれておりません。(十六夜子は含まれています。)

 

デモ

 

アプリのダウンロード

体験版

無料

トライアルバージョンです。
個人、法人問わずお試しください。

製品版

有料

プロダクトバージョンです。
個人ライセンスはBOOTHにて販売しています。
法人や団体の方は問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 

マニュアル

説明書をダウンロードすることができます。

セットアップ

アプリの初回セットアップのマニュアルです。

​​(Leap Motionを使用しない場合は不要です。)

使用方法

アプリの使用方法のマニュアルです。

詳細はこちら
 

各種項目

仕様

アプリの動作要件や仕様、注意事項を掲載しています。

ライセンス

ライセンス形式やライセンス費用、及びアプリの環境構築に必要な機材と費用をまとめています。

よくある質問

よくある質問とその回答をまとめています。

トラブルシューティング

アプリ使用時にトラブルが発生した際の対処法をまとめています。

 

アプリに関する情報

アプリ名

VOVOLA

アプリ名(よみ)

​ヴォヴォラ

​最新バージョン

2.10.0

最新リリース

2021年6月5日

初回リリース

2019年6月12日

開発者

十六夜おじいちゃん

​販売元

十六夜ソリューション株式会社

 

開発者メッセージ

(2019年6月12日に投稿)

2017年の年末から2018年にかけてバーチャルYouTuber(VTuber)は一大ブームとなり、2018年のネット流行語大賞にもなりました。


2018年の2月、私は比較的早期にVTuberを制作し、それ以来VTuberの運営を続けています。3Dモデルを使用したVTuberに関しては、費用を準備できる人、且つ技術を持った人でなければ制作が困難でした。それはそれで守られる部分もあったのですが、活動を通していろいろ見ていく中で、3Dアバターの在り方に対して葛藤が湧いてきました。


楽観的に考えた場合、3Dモデルは一種の服のようなもので、Vの体は誰しもが持っていいと思うようにもなったのです。Facebook、Twitter、Instagram、LINEのアカウントを多くの人が気軽に作れるように、アバターも生活の中でライフスタイルとして溶け込んでいけばいいのではないかと。

2019年は、私はより身近に多くの人に「3Dアバターを動かすこと」を楽しんでもらいたいと考えています。これから先3Dアバターはより簡単に作れるようになっていくでしょう。その時、アバターを動かすための選択肢の1つがこのアプリケーションであればといいなと思います。

(2020年6月12日に投稿)

VOVOLAはリリースより1周年を迎えることが出来ました。

バージョンアップも30回を超え、多くの機能追加と機能改善を行うことが出来ました。

ユーザー様に満足してもらえるよう、これからもアプリの更新に励んでまいります。

 

お問い合わせ

送信が完了しました。